全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1948

Kaze no naka no mendori

風の中の牝鶏

A Hen in the Wind

(c)1948 松竹株式会社

(c)1948 松竹株式会社

公開日
1948年9月17日
上映時間
83 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Monochrome
上映フォーマット
35mm
字幕入り上映
フォーマット
英語 (35mm)

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

間借り生活の時子(田中絹代)は小さい浩をかかえ、まだ復員してこない夫修一(佐野周二)の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子(三宅邦子)を時折訪ねては、一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江(村田知栄子)に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に「時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくてもいいのに…」と言うのだ。その日家に帰った時子は、突然の浩の発熱に驚きうろたえて近所の病院へ走った。浩は急性大腸カタルであった。何本も注射が打たれ、なんとか命だけはとりとめることが出来たが、次に時子の上にふりかかって来たものは病院の支払いであった。彼女はどうすることも出来なかった。迷った時子の足は織江を訪ね、そして月島のいかがわしい家に、知らぬ男との一時を過ごしてしまった。数日後浩は無事に退院した。秋子は織江の口から時子のことを知って驚き、時子をなじった。「何故私にいってくれなかったの?」だが時子にしてみれば、貧しい秋子に相談して秋子を困らせたくなかったのだ。それにしても何という馬鹿なことをしてしまったのだろう。時子は、犯した過ちの大きいことに、今更胸をしめられる思いであった。そうしたある日、突然夫修一が帰って来た。修一はつい最近浩が病気をしたことを知り、病院の支払いをどうしたかと尋ねるのに、時子は胸がつまって答えることが出来ない。何か疑惑を感じた修一に強く問いつめられ、ついに時子は何もかも言ってしまうのだった。

【松竹公式資料より】

【海外窓口】

松竹(株)
メディア事業部 海外版権室

104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

東京暮色 デジタル修復版

東京暮色 デジタル修復版 (1957)

監督
小津安二郎
キャスト
原節子, 有馬稲子, 笠智衆

1957年に公開された小津安二郎監督の『東京暮色』を4Kスキャニングで修復。母親の家出によって人生を狂わされた娘の苦悩と絶望を、原節子、有馬稲子、笠智衆、山田五十鈴、杉村春子ら錚々たる顔ぶれで描く。 銀行員の杉山(笠)は、同居する次女・明子(有馬)を心配している。母親の愛を知ら…

劇場公開日
未定
彼岸花

彼岸花 (1958)

監督
小津安二郎
キャスト
有馬稲子, 久我美子, 佐田啓二

里見弴の小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高…

劇場公開日
1958年9月7日
宗方姉妹

宗方姉妹 (1950)

監督
小津安二郎
キャスト
田中絹代, 高峰秀子, 上原謙

哀しくも美しい人間模様を小津安二郎監督が日本美を込めて描いた恋愛悲劇。小津監督が初めて松竹を離れて映画化した作品。 宗方家の姉妹、節子(田中絹代)と満里子(高峰秀子)の父・忠親(笠智衆)はガンを患い、養生生活を送っていたが、節子の夫で自堕落な日々を送る三村(山村聡)のことを案じ…

劇場公開日
1950年8月25日
流転の王妃

流転の王妃 (1960)

監督
田中絹代
キャスト
京マチ子, 船越英二, 竜様明

女だけが知る愛のきびしさと愛の深さ!女性の原作(愛新覚羅浩)、女性の脚本(和田夏十)、女性の監督(田中絹代)、女性の主演者が全女性に贈る涙の名篇! 女性最大の栄誉と幸福を約束されて選ばれた妃の座も一朝の夢と果て、獄窓に、流浪に、捕われの旅は旅はどこまでつづく!私たち夫婦の間には…

劇場公開日
1960年1月27日