全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2022

Yoake made bustei de

夜明けまでバス停で

MICHIKO'S LONG NIGHT

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

(c) 2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

公開日
2022年10月8日
上映時間
91 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「夜明けまでバス停で」製作委員会

【配給会社(国内)】

渋谷プロダクション

【制作会社】

G・カンパニー

【解説】

2020年11月の深夜。寒空の下、大道路沿いにあるバス停の細いベンチに、うつむくように腰をかけた三知子(45)が、このところ「いつものように」仮眠をとっていた―。
以前、三知子は居酒屋で住み込みアルバイトとして働いていたが、突然のコロナ禍により仕事と家を同時に失ってしまう。コロナ禍で新しい仕事もなく、ファミレスや漫画喫茶も閉まっている。途方に暮れる三知子の目の前には、街灯が照らし暗闇の中、そこだけ少し明るくポツリと佇むバス停があった―。
これは、ある日誰にでも起こりうる、日本の社会の危惧すべき現状を描いた物語である―。

【海外窓口】

(株)ライツキューブ
108-0071 東京都港区白金台5-3-6 白金台セントラルビル2F
tel: 03-6456-2021
E-mail: info@rightscube.co.jp


関連作品

痛くない死に方

痛くない死に方 (2020)

監督
高橋伴明
キャスト
柄本佑

現役で活動する在宅医・長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」をもとに、在宅医療の現状を映し出す人間ドラマ。監督は、『赤い玉、』などで知られる高橋伴明。 在宅医の河田(柄本佑)は、娘・智美の意向で“痛くない在宅医”を選んだ末期がん患者・井上を担当する。しかし、井上…

劇場公開日
2021年2月20日
赤い玉、

赤い玉、 (2015)

監督
高橋伴明
キャスト
奥田瑛二, 不二子, 村上由規乃

高橋伴明監督が『愛の新世界』以来、約20年ぶりに挑んだエロス作品。年老いた映画監督が“性”と“老い”の狭間で葛藤する姿をエロティックに綴る。主演は、監督作『長い散歩』で第30回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した奥田瑛二。 大学で映画を教えながらも、なかなか新作を撮れ…

劇場公開日
2015年9月12日
MADE IN JAPAN こらッ!

MADE IN JAPAN こらッ! (2011)

監督
高橋伴明
キャスト
松田美由紀, 大西礼芳, 山路和弘

プロと学生の共同製作した京都造形芸術大学映画学科の「北白川派映画芸術運動」第2弾。高橋伴明監督が学生スタッフ・キャストを率い、崩壊していく家族の姿をブラックユーモアたっぷりに描く。杉田家は祖母の死を悼んで酒に溺れる父、家族の前では決して笑わない母、すべてに無関心な18歳の娘・雛子…

劇場公開日
2011年10月1日
火火

火火 (2004)

監督
高橋伴明
キャスト
田中裕子, 窪塚俊介, 岸部一徳

『TATTOO あり』『光の雨』の高橋伴明が実在の女性陶芸家の不屈の人生を描く。 神山清子(田中裕子)は、陶芸家として活動しながら、女手ひとつでふたりの子どもを育ててきた。彼女は、江戸時代に失われてしまった技術である、穴窯による自然釉の復活に執念を燃やしていた。極貧生活の中で…

劇場公開日
2005年1月22日