全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Gururi no koto

ぐるりのこと。

All Around Us

(c)『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

(c)『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

(c)『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

(c)『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

公開日
2008年6月7日
上映時間
140 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby Digital

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

シグロ, ビターズ・エンド, 衛星劇場, アミューズソフトエンタテインメント, 博報堂DYメディアパートナーズ

【配給会社(国内)】

ビターズ・エンド

【制作会社】

シグロ

【解説】

カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品された前作『ハッシュ』に続く、橋口亮輔監督にとって6年ぶりの最新作。タイトルは“自分の身の周りのこと”を意味する。都会の片隅に生きる“普通の人々”の“身の周りのこと”を題材にしつつ、1990年代以降の日本に蔓延した“精神的危機”などの時代背景をもとらえる意欲作になった。
出版社に勤務する几帳面な性格の翔子(木村多江)は、流れに任せて生きる“自由人”のカナオ(リリー・フランキー)と結婚する。先輩の勧めで裁判の模様をスケッチしてマスコミに提供する法廷画家の仕事を引き受けるカナオだが、そこでは小学児童殺傷事件やカルト集団が引き起こした無差別大量殺人などの陰惨な事件についてのやり取りが展開されるのだった。生まれたばかりの最初の子供を亡くしたことをきっかけに少しずつ精神が不安定になる翔子と、そんな彼女に戸惑いつつ何とか受けとめようとするカナオ。物語は二人がようやくたどり着いた幸福を暗示して終わる。

【公式サイト】

http://gururinokoto.jp

【プレミア表記】

インターナショナルプレミア: トロント国際映画祭 2008

【映画祭・受賞歴】

ベルリン国際映画祭 2009

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

恋人たち

恋人たち (2015)

監督
橋口亮輔
キャスト
篠原篤, 成嶋瞳子, 池田良

橋口亮輔監督が、『ぐるりのこと。』以来7年ぶりに手がけた長編ドラマ。監督自らオーディションで選んだ無名の新人俳優3人に役柄を当て書きし、苦悩を抱えて生きる人々の感情を丁寧に描き出す。 通り魔殺人事件によって妻を失ったアツシ(篠原篤)。自分に無関心の夫とそりの合わない姑と暮らす瞳…

劇場公開日
2015年11月14日
ゼンタイ

ゼンタイ (2013)

監督
橋口亮輔
キャスト
中島歩, 篠原篤, 成嶋瞳子

『渚のシンドバッド』が第25回ロッテルダム国際映画祭ほかでグランプリに輝いた、橋口亮輔が原案・監督・脚本を手がけた。橋口監督が講師を務めたワークショップから生まれた6短編をまとめ上げた異色のオムニバスコメディ。いまを生きる人々を笑いと痛みのなかに描き続ける監督が、“ゼンタイ”こと…

劇場公開日
2013年8月31日
サンライズ・サンセット

サンライズ・サンセット (2012)

監督
橋口亮輔
キャスト
中村健, 藤沢大輔, 宮園康秀

山本政志監督がプロデュースし、気鋭の映画監督13人が参加した実践映画塾“シネマ☆インパクト”第2弾作品の1編。『ハッシュ!』や『ぐるりのこと。』で知られる橋口亮輔監督が、97年に上演された自身の戯曲を映画化した群像コメディ。 クランクイン前日の映画会社に、監督を志す青年が訪れる…

劇場公開日
2013年1月26日
ハッシュ!

ハッシュ! (2001)

監督
橋口亮輔
キャスト
田辺誠一, 片岡礼子, 高橋和也

『二十才の微熱』『渚のシンドバッド』と同性愛をテーマにした作品を作ってきた橋口亮輔監督の、5年ぶりの長編。ゲイのカップル、直也(高橋和也)と勝裕(田辺誠一)は、偶然知り合った朝子(片岡礼子)から、「子作り」の相談を持ちかけられる。それまでは他人との深い関係を避け、無為なセックスを…

劇場公開日
2002年4月27日