全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2012

Kueki ressha

苦役列車

The Drudgery Train

(c) 2012「苦役列車」製作委員会

(c) 2012「苦役列車」製作委員会

(c) 2012「苦役列車」製作委員会

(c) 2012「苦役列車」製作委員会

公開日
2012年7月14日
上映時間
113 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm,DCP
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
字幕
英語

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「苦役列車」製作委員会

【配給会社(国内)】

東映

【解説】

現在の日本映画界を牽引する山下敦弘監督が、西村賢太の芥川賞受賞小説を映画化。中卒19歳の肉体労働者の鬱屈とした青春を描く。森山未來が原作者自身を投影させた主人公・北町貫多役を演じている。
1986年。孤独に生きる日雇い労働者の貫多(森山)は現場で出会った正二(高良健吾)と近所の古本屋で働く康子(前田敦子)と仲良くなり、いつしか3人で会うようになる。だが貫太の偏屈な性格が3人の関係に亀裂を入れてしまう。

【公式サイト】

http://www.kueki.jp

【映画祭・受賞歴】

2012 上海国際映画祭 Panorama 部門
2012 シカゴ国際映画祭 World Cinema 部門

【海外窓口】

(有)ビターズ・エンド
150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-10 ネクスト渋谷2F
代表:定井勇二
tel: 03-5774-0210
fax: 03-5774-0265
E-mail: international@bitters.co.jp
http://www.bitters.co.jp