全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1951

Ginza kesho

銀座化粧

Ginza Cosmetics

公開日
1951年4月14日
上映時間
87 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Monochrome
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【配給会社(国内)】

新東宝

【解説】

戦後の復興最中の銀座で女給として生きる女たちを成瀬巳喜男が哀愁を込めて描いた抒情詩的作品。「女」と「母」の両面を田中絹代が見事に演じている。
昔の愛人・藤村との息子を抱え、銀座で女給をしている雪子。ある日、昔の仲間・静江から上京する資産家の息子・京助の案内を頼まれる。観測所に勤める京助の星の話などを語る朴訥な様子に、雪子は忘れていた少女時代を思い出してロマンチックな気持ちになり、京助と結婚して田舎へ住むことを想像する。

【海外窓口】

東宝(株)
国際部

tel: 03-3591-3530
fax: 03-3591-6610


関連作品

流れる

流れる (1956)

監督
成瀬巳喜男
キャスト
田中絹代, 山田五十鈴, 高峰秀子

幸田文の同名小説を、『めし』『晩菊』に続いて田中澄江と井手俊郎が共同で脚本を担当し、成瀬巳喜男監督が映画化。柳橋界隈の花街を舞台に、芸者置屋で働く女中の目を通して、そこに集う女たちの悲喜劇を描く。出演は『愛染かつら』の田中絹代、『祇園の姉妹』の山田五十鈴、『浮雲』の高峰秀子、『晩…

劇場公開日
1956年11月20日
恋文

恋文 (1953)

監督
田中絹代
キャスト
森雅之, 久我美子, 香川京子

女優としてキャリアを重ねた田中絹代が初監督に挑んだ作品。豪華出演陣を迎え、運命に翻弄される男女を描く憂愁の恋愛ロマン。脚本を木下恵介が担当している。 終戦後、5年間探し続けている想い人、道子を探すために上京した礼吉は、定職に就かず弟の洋の家に居候していた。ある日、渋谷で偶然出会…

劇場公開日
1953年12月13日
放浪記 

放浪記  (1962)

監督
成瀬巳喜男
キャスト
高峰秀子, 宝田明, 加東大介

ベストセラーとなり戯曲化もされた林芙美子の自伝的小説を成瀬巳喜男監督が映画化。行商人の娘として生まれたヒロイン・ふみ子が、貧困にあえぐなかでカフェの女給などをしながら詩作に励み、やがて文壇で脚光を浴びるまでを描く。成瀬作品としては『あらくれ』に次ぐ、女性の“一代記もの”であり、ふ…

劇場公開日
1962年9月29日
流転の王妃

流転の王妃 (1960)

監督
田中絹代
キャスト
京マチ子, 船越英二, 竜様明

女だけが知る愛のきびしさと愛の深さ!女性の原作(愛新覚羅浩)、女性の脚本(和田夏十)、女性の監督(田中絹代)、女性の主演者が全女性に贈る涙の名篇! 女性最大の栄誉と幸福を約束されて選ばれた妃の座も一朝の夢と果て、獄窓に、流浪に、捕われの旅は旅はどこまでつづく!私たち夫婦の間には…

劇場公開日
1960年1月27日