全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1975

Aru eigakantoku no shogai Mizoguchi Kenji no kiroku

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

Kenji Mizoguchi: The Life of a Film Director

(c)近代映画協会

(c)近代映画協会

公開日
1975年5月24日
上映時間
150 分
ジャンル
ドキュメンタリー
カラー
Color
上映フォーマット
-
スクリーンサイズ
Standard (1:1.37)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

近代映画協会

【配給会社(国内)】

日本アート・シアター・ギルド

【解説】

巨匠・溝口健二監督の作品と人間像を、スタッフや出演者などの証言で追った異色の傑作ドキュメンタリー。
世界的にその名を知られている日本映画の巨匠・溝口健二を師と仰ぎ、溝口から映画を学び、鍛えられたこともある新藤兼人は、その芸術と人間像を鮮明にするため自らインタビュアーとなって、溝口作品に関わった人たちやゆかりの人たちの話を聞くたびをスタートさせた。インタビューに応じたのは、田中絹代や山田五十鈴など溝口作品の出演者たち、依田義賢らシナリオライター、宮川一夫などのカメラマン、助監督をつとめた増村保造たち。他に、大道具係、小道具係、照明係、映画批評家、さらには、もと祇園の芸妓…等々、総勢三九名。この多彩な人たちの証言で、溝口の生い立ち、人間形成、監督修業、女性関係などが明らかにされてゆく。溝口は若い頃に愛人にカミソリで斬りつけられたり、最初の妻が発狂したりと凄絶なまでの女性経験をしているが、そうした部分も女優の浦辺粂子らの証言で赤裸々に語られる。そして、こうした体験が、残酷なまでに女性の真実を追求した溝口映画にどう反映していたかが究明されてゆく。溝口が片想いを続けていたという田中絹代への執拗にして迫力あるインタビューを経て、映画は溝口の最初の妻が入院中の病院の外形を撮ったシーンで終わる。

【近代映画協会公式資料より】

【海外窓口】

(株)近代映画協会
101-0051 東京都千代田区神田神保町2-36-2 片桐ビル4F
代表:新藤次郎
tel: 03-6261-3101
fax: 03-6261-3102
E-mail: kindai@kindaieikyo.com
http://www.kindaieikyo.com


関連作品

一枚のハガキ

一枚のハガキ (2011)

監督
新藤兼人
キャスト
豊川悦司, 大竹しのぶ, 六平直政

国内外の映画祭で数々の賞に輝き、日本を代表する最高齢の監督・新藤兼人。「映画人生最後の監督作」と自ら語る本作は、実体験をもとに、戦争によって人生を狂わされる庶民の心情に肉迫したドラマ。戦争末期、中年兵として徴収された松山啓太(豊川悦司)は、死を覚悟した仲間から一枚のハガキを受け取…

劇場公開日
2011年8月6日
石内尋常高等小學校 花は散れども

石内尋常高等小學校 花は散れども (2008)

監督
新藤兼人
キャスト
柄本明, 豊川悦司, 六平直政

モスクワ国際映画祭グランプリなど、海外映画祭でも数々の受賞歴を誇る新藤兼人監督の最新作。創作活動をスタートさせて70年、日本映画現役最高齢となる96歳の新藤監督は、小学校時代の恩師との思い出と、自身の恋愛エピソードを基にこの作品を作り上げた。 大正末期。広島の山間にある石内尋常…

劇場公開日
2008年9月27日
ふくろう

ふくろう (2003)

監督
新藤兼人
キャスト
大竹しのぶ, 伊藤歩

創立52周年を迎えた近代映画協会が、92歳になる日本の現役最長老監督・新藤兼人を迎え、監督自身の念願の企画を実現した。戦後、東北のとある開拓村。いまでは37歳の母(大竹しのぶ)と17歳の娘(伊藤歩)の一組の親子が住んでいるだけの寂れた村である。不毛な土地の開拓は容易ではなく、みな…

劇場公開日
2004年2月7日
流転の王妃

流転の王妃 (1960)

監督
田中絹代
キャスト
京マチ子, 船越英二, 竜様明

女だけが知る愛のきびしさと愛の深さ!女性の原作(愛新覚羅浩)、女性の脚本(和田夏十)、女性の監督(田中絹代)、女性の主演者が全女性に贈る涙の名篇! 女性最大の栄誉と幸福を約束されて選ばれた妃の座も一朝の夢と果て、獄窓に、流浪に、捕われの旅は旅はどこまでつづく!私たち夫婦の間には…

劇場公開日
1960年1月27日