全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1967

Hanaoka Seishu no tsuma

華岡青洲の妻

The Wife of Seishu Hanaoka

(c)KADOKAWA CORPORATION 1967

(c)KADOKAWA CORPORATION 1967

公開日
1967年10月28日
上映時間
99 分
ジャンル
劇映画
カラー
Monochrome
上映フォーマット
-,HDCAM SR
スクリーンサイズ
Cinema Scope (1:2.35)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

大映

【配給会社(国内)】

大映

【解説】

有吉佐和子の大ベストセラー小説「華岡青洲の妻」を映画化した本作は、市川雷蔵(青洲)、若尾文子(加恵)、高峰秀子(母・於継)という最高のキャスティングで、増村保造監督のメガホンのもとに"女の生き方"を描く。
華岡家に嫁いだ加恵は、夫となる雲平(のちの青洲)が医学の修業で留守のため、三年間、姑だけに仕えた。ようやく戻った雲平の前で、姑・於継はいつになく加恵につらくあたる。雲平の学費を稼いだのは加恵も同じであるにもかかわらず・・・だ。その夜、加恵はひとりで寝るようにも言われた。
夫の母親は妻には敵である。
間もなく父、直道は雲平に無限の夢を託しながら老いの病に死んだ。雲平は麻酔薬の研究に憑かれたように打ち込んでいた。ある日、於継は自分を人体実験に使ってくれと言い出した。驚いた加恵もまた同じことを申し出て、結局二人を実験台に使うことになる。
比較実験は成功をおさめるが、毒物の副作用で加恵は失明してしまう。

【KADOKAWA公式サイトの作品紹介ページより】

【海外窓口】

(株)KADOKAWA
映像事業局 海外製作部

102-8552 東京都千代田区富士見2-13-12
代表:松原眞樹(代表取締役社長)
担当:古月悦子
tel: 050-1746-1220
E-mail: furutsuki-e@kadokawa.jp
http://www.kadokawa.co.jp